よさこい祭りについて


よさこい祭りは、毎年8月9日(前夜祭)10日・11日(本番2日)・12日(後夜祭・全国大会)の4日間、高知市内9ヶ所の競演場・7ヶ所の演舞場で

 

約200チーム、約18,000人の参加者が踊る、高知のお祭りです。

 

この祭りは、戦後の荒廃した市民生活が落ち着きを見せ始めた昭和29年8月に経済復興の策として、市民の健康と繁栄を祈願し、

 

併せて夏枯れの商店街振興を促す為、高知商工会議所が中心となり発足しました。

 

昭和29年の第1回の参加人数は750人参加団体は21団体。その後、第30回にはついに踊り子人数1万人を突破し、

 

"よさこい"は絶えず新しい文化を取り入れ、進化してきました。

 

現在では、伝統的な音楽からポップ・ロック等、時代背景を意識した様々な音楽や衣装が増え、夏の高知を代表する祭りとして開催されています。

 

近年では全国各地に広がりをみせています。